安心のサポート体制~ビジネスフォンならこれがおすすめ

接続台数やコールセンター対応か

自宅で固定電話を接続するとき、一つの電話番号に対して一つの電話を接続して使います。会社となると一つで対応するのは難しくなります。かといってそれぞれに電話番号を振り分けると回線料金もかなりかかります。そこでビジネスフォンの仕組みを導入します。

会社などではいくつかの回線で契約しますが、それをそれよりも多い機械で共有して使えます。比較では、まずは一般的なオフィスで使うタイプです。機種によって接続台数が異なるので、社員が多いのであれば接続台数が多い方がより使いやすくなるでしょう。

サービスで電話対応を行うところはコールセンターを持っています。コールセンターでも多くの電話機が必要になりますが、こちらは特殊な機能が必要になります。着信をオペレーターに均等に配分できる仕組みがあると、業務の負担を分散させることができるでしょう。

KOSネットワーク株式会社

総合評価
★★★★★
掲載量
★★★★★
利用満足度
★★★★★
サービス
★★★★
利便性
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 導入工事からサポートまでを任せられる
  • 病院や福祉施設への導入に強みがある
  • 有線以外の内線サービスの提供をしてくれる

会社などでは、ビジネスフォンを設置して事業運営することが多いでしょう。設置の業者とサポートの業者がばらばらだと依頼の方法などが面倒になります。KOSネットワーク株式会社では、導入工事もサポートもしてくれます。

オフィス以外にも、病院や福祉施設でも内線電話などが必要になります。オフィスとは違う使われ方もするので、専門的な技術が必要になります。KOSネットワーク株式会社はビジネスフォンの中でも病院などへの実績を多く持っています。

オフィスの内線といえば、通常は有線で接続して行うことが多いでしょう。KOSネットワーク株式会社はビジネスフォンの導入をするときに便利な会社ですが、無線を使った内線の仕組みも提供してくれています。外出先からも利用できます。

オフィス電話本舗

総合評価
★★★★
掲載量
★★★
利用満足度
★★★★★
サービス
★★★★
利便性
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 新品・中古のビジネスフォン工事を専門に行う
  • 各メーカーのビジネスフォンを現金、あるいはリースで格安にご提供
  • ビジネスフォン工事の実績が年間3000件以上

オフィス電話本舗はビジネスフォンの導入をお考えの方々のために、新品や中古のビジネスフォン工事を専門に行っています。各メーカーのビジネスフォンを現金またはリースで格安ご提供中です。また、移転や増設などの工事もOKです。旧モデルでも、部品のストックが豊富にあるので固定電話やコードレスフォンの追加、それに回線工事や障害メンテナンスなどもご相談できます。

オフィス電話本舗では現地での事前下見やレイアウト、そして運用アドバイス、お見積りまでを無料で行います。年間に3000件を超える工事実績が信頼できる証です。配線処理もきれいに仕上げることができるので安心です。

不測の事態が起こった場合に備えて工事保険に加入しています。工事後3ヶ月以内の障害なら無償メンテナンスが可能です。オフィスの規模や用途などに合わせたビジネスフォンをご提案します。価格、必要台数、もちろんメーカーも考慮します。ビジネスフォンだけではなく、最適なオフィスを創ることを目指してオフィス環境を整えるのがオフィス電話本舗です。

名電通

総合評価
★★★★
掲載量
★★★★★
利用満足度
★★★★
サービス
★★★★★
利便性
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • ビジネスフォン44年の信頼と実績があります
  • 業界最安値でビジネスフォンを購入出来ます
  • アフターサービスパックでいつでもアフターフォローします

名電通のビジネスフフォンは44年の信頼と実績がある為に、ビジネスフォンの購入を検討している方には、お勧めです。長い歴史があるということは、色々なことを学び、信頼と実績がある証拠なので、検討している方にお勧めです。

名電通のビジネスフォンは、業界最安値で購入することが出来ます。その理由は、メーカーとちょくせつとりひきしているからです。様々な種類のビジネスフォンを扱っていますので、用途にあったビジネスフォンを探すことが出来ます。

名電通のビジネスフォンは、アフターサービスパックに加入することにより、アフターフォローも万全です。365日24時間対応可能となっていますので、安心して利用することが出来ます。

オフィスコム

総合評価
★★★
掲載量
★★★★★
利用満足度
★★★
サービス
★★★★★
利便性
★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 全国の幅広い地域で活動していること
  • メディアに何度も紹介掲載されていること
  • 10年間で資本金を5700万円増強していること

オフィスコムは主に法人関係のオフィスに関わる事業を展開している会社となります。この会社の事業内容はそのオフィス関係のパーティーションやレイアウトなど内装工事や移転工事、複合機やビジネスフォンなどの機材販売や回線工事などとなります。

この会社は平成19年3月に資本金300万円でスタートし、現在の本社は東京都千代田区神田小川町となります。また他に7か所の支店が活動しています。なお本社と支店の営業時間はいずれも平日の9時から18時となっていて、土日と祝日は定休日となります。

ただし本社と支店の営業時間は平日であるものの、顧客から依頼された案件では営業時間外や土休日でも工事をすることができるとしています。また支店がない地域でも自社職員のほかに外部の工事業者と提携しているので全国ほとんどの地域で出張対応ができるとしています。

NTT西日本

総合評価
★★★★
掲載量
★★★★
利用満足度
★★★★
サービス
★★★★
利便性
★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • NTT西日本なら多彩な機能と豊富なラインナップがあります
  • NTT西日本ならオフィス内外での悩みを解消してくれます
  • NTT西日本ならビジネスフォンサポートがあるので安心です

NTT西日本ならビジネスフォンも多彩な機能と豊富なラインナップがあるので、お探しのものを見つける事が出来ます。そのため、通常のオフィスでの利用以外でも外出先や夜間等、様々な状況にも対応する事が出来て便利です。

それからNTT西日本なら、得意先からの電話を転送したいとお考えの方、名刺の整理や社内を共有したいとお考えの方、外出先でもオフィス感覚で電話を受けたい方の力になってくれます。また、オフィス内外での課題をクリアする事が出来ます。

また、NTT西日本ならビジネスフォンサポートがあるので安心して利用をする事が出来ます。故障時の際は代替え機を用意してくれます。それから落下等の破損にも対応をしてくれるので安心して利用をする事が出来ます。

NTT東日本

総合評価
★★★
掲載量
★★★
利用満足度
★★★★★
サービス
★★★★★
利便性
★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • ビジネスフォンの機能が充実している
  • セキュリティー対策の面で定評がある
  • 製品やサービスの保証が万全である

以前には、ビジネスフォン自体に代表番号が組み込まれていませんでしたが、最新式のビジネスフォンには代表番号機能があります。ですので、空いている外線ボタンを短縮ボタンとして使用することができ、業務をする上でとても便利です。

今や、ビジネスにおいてセキュリティー対策をするのが常識であり、絶対不可欠のものです。NTT東日本は多種多様なサービスでネットワークやデータ、端末を守り、お客様が安心して業務に集中できるようにサポートしてくれます。

NTT東日本の製品やサービスには必ず保証サービスが含まれています。その中でも特徴的な保証サービスが24時間出張修理オプションです。製品やサービスにもしもの時が合った場合、業務がストップしてしまうと多大な損失を被ってしまいますが、NTT東日本はいつでも出張修理に来てくれますので、とても心強い会社だといえます。

ビジネスフォンのリース契約のメリットとデメリット

ビジネスフォンをリース契約するメリットとして、まず、資金を効率良く利用することができる点が挙げられます。 大きい金額の購入資金を必須としていません。リースでしたら、月ごとに決まった額のリース料金を払うのみでいいので、購入においての資金流失を阻止することができ、さらに、資金の留保が可能なのに加え、その資金運用をはかって、収益を発生させることが可能です。ビジネスフォンのリースをしないで、購入することによって用意しようとするとたくさんのビジネスフォンを一括で買い付けすることが求められ、購入に関するコストが大きくなります。台数が非常に多くなれば、新たな形で銀行サイドより資金を借り入れる必要もありますが、リースであれば月ごとの料金で数多くのビジネスフォンを間に合わせることができます。

リース料につきましては、経費という形で処理が可能です。 月ごとに払うリース料は、税務上において承認されているリース期間なら、すべて経費とすることが可能です。 また、 銀行サイドから借り入れを行なうと、借入枠、あるいは担保提供があることから、100パーセントの融資を手にすることは困難を伴います。リースならば、銀行に対し、借入枠の留保を行った状態で、購入と同じく活用することができるため、実質的には100パーセント借れたことと同様にできます。 そして、ビジネスフォンも今の様に技術の発達が繰り返してとり行われてい時代においては、法定耐用年数及び実質経済耐用年数との間にはギャップが生まれており、取り入れたビジネスフォンが陳腐化することが想定されます。リースの期間は、法定耐用年数よりも短く設定することができることから、絶えず最新式のビジネスフォンを活用でき、技術の進歩にも対応できます。

ビジネスフォンのリース契約のデメリットとしまして、まず挙げられるのが、現実的には、購入と比べて割高になる場合が多いことです。 リース料金には、ビジネスフォンの購入代以外に、付随費用それから、リース会社の利益が組み込まれていることから、リースの支払いの合計金額は、商品の購入のケースと照らし合わせると割高になります。 また、リースの期間の満了を迎えるまでは、中途での解約がが認められません。 基本として、リースの期間が満了することになるまでは、中途解約はできません。どうしても、解約を行わなければならないケースでは、リース会社の規則に沿った解約金そしてビジネスフォンの返却が求められます。加えて、リースの期間が終了した後も、買い取りがすることができません。 リースの所有権は、リース会社に存在していることから、リースの期間が終了したとしても、買い取りすることはできません。

カテゴリ