安心のサポート体制~ビジネスフォンならこれがおすすめ

ホーム > ビジネスフォンについて > ビジネスフォンのリース契約のメリットと留意点

ビジネスフォンのリース契約のメリットと留意点

 ビジネスフォンのリース契約を行っいる会社組織は数多くあります。リース契約を締結するメリットのひとつに、初期の導入に関する費用を抑制できるということが挙げられます。 ?ひとつの例としてビジネスフォン一式を100万円で採用する場合、買取でしたら一括で支払わされることになります。 一括して100万円払うと資金繰りが困難である 若しくは100万円を用意するのは難しいなどの場合、リース契約ならば一括支払いでなく、毎月のリース料金を払う形となるため、高額の負担を必要としないでビジネスフォン導入できます。ちなみに、ビジネスフォンはリース品目上において、ボタン電話設備にあてはまり、法定耐用年数については6年そして、適正リース期間については4年以上となります。 多くは5から7年でリース契約することになります。

 リース契約の際に、知っておきたいこととして、まず第一に、 リースの期間満了時には、あらためていうまでもなく、返却責任があります。それに加えて、ビジネスフォンの所有権につきましては、リース会社ということになりますので、一方的に処分したりすることはできません。リースと言いましてもレンタルの様に不要になったら返却することはできず、現実的には、クレジットの分割返済と同じようなものになります。それに加えて、長期に及ぶリースをクライアントへ契約させ、短期間に交換を働きかける良くない業者も中にはいます。 それから、人の契約の取り交わしとは異なって、クーリングオフの適用自体はないといえます。リースの契約の期間中に、廃業、あるいは倒産それから、移転などで、中途で解約するケースではリースの残存している全額或いは、違約金を払うことになります。

 ビジネスフォンのリース契約のケースでは、取扱店に因るアフターサービスに関しても多種多様です。 通常の場合のリース契約では、損害保険の適用範囲でのみしか対応することは出来ません。一般的に考えて、機器は製造メーカー保障が1年間それから、配線の工事上のさまざまなトラブルは6ヵ月程の保証になります。取扱店によりましては、有償で保守に関する契約が可能なものもあります。 保証期間を経過してしまったビジネスフォンで故障が発生した場合は、故障のつど修理に掛かった実費を払うことになります。 基本修理費、さらに技術費や、部品費などそれなりの額になりますので、保守サービス関しても、あらかしめ確かめましょう。 取扱店は最低でも2箇所以上から見積もり価格をとり、確かめることが大切になります。

次の記事へ