安心のサポート体制~ビジネスフォンならこれがおすすめ

ホーム > ビジネスフォンについて > ビジネスフォンのリース契約のメリット及びデメリットと注意点

ビジネスフォンのリース契約のメリット及びデメリットと注意点

 会社組織に対してビジネスフォンを導入するケースで、新たな形で購入しないで、リースするという方法もあります。リースにつきましては、購入と照らし合わせると初期に掛かってくる費用が安く、お手頃に導入することが可能なのが魅力といえます。リースは、リース会社に対して一カ月ごとに料金を支払って、電話機を貸してもらうスタイルの契約を指します。ビジネスフォンを自分の会社に対して導入するには相当な初期費用が必要ですが、リースを採用することでコストは大きく抑えられます。購入する時のように大きい金額の初期費用を払うことなく、最新の機能を積み込んだ電話機を導入できます。中古の購入、あるいはレンタルを踏まえての導入が考慮されている会社もありますが、中古に関しては、現品限りのため一括購入といったことがあります。更に、レンタルは長期的に見ると高額になるというウィークポイントがあります。 そのためリース契約が注目されています。

 ビジネスフォンをリースを利用することによって導入する利点は、初期に対する費用を軽くしつつ新商品を利用することができることです。それぞれの電話製造メーカーの最新機種の大半がリースできます。毎月のリース料金については、期間中は一定になります。さらに、すべてを経費という形で対処できるため税法上、損金ということで、節税ができます。その他固定資産税の支払い義務がないです。ウィークポイントとしては、リースはファイナンス契約ですから、ひとたび取り交わしてしまうとクーリングオフが適用されません。ですから、道半ばにして解約することはできません。さらに、初期に必要となる費用は安いですが、リース料金には本体の価格に加えて保険料や、取り扱い手数料そして、金利などがかかり、最終的な総額は購入より割高となってしまう場合もあります。

 リース契約の注意すべき点としまして、 まず第一に、リース契約を交わすためにはリース会社の審査そのものをパスする結果を出すことが必要です。 審査に関しては、登記簿謄本といった必要な関係書類が要りますので、前もっての準備が必要不可欠です。 それに加えて、リース契約を利用することによって導入したビジネスフォンに関しては、リースの期間が終わるとリース会社に対して返すことになります。基本的にビジネスフォンの所有権については、リース会社にあります。 所有権がないことから、リースの期間中にビジネスフォンを一方的に転売したり、或いは処分したりすることは不可能です。また、不要になったからと返すこともできません。それから、リース契約に関しては、新しいビジネスフォン導入に関してのみ適用されることになります。中古品のビジネスフォンの導入には使うことができません。

次の記事へ