安心のサポート体制~ビジネスフォンならこれがおすすめ

ホーム > ビジネスフォンについて > 企業用として使用されるのがビジネスフォンです

企業用として使用されるのがビジネスフォンです

 ビジネスフォンとは一般的に、家庭用電話機とは異なり、外線と内線が複数使用できる機能を持った電話機と言う事になります。家庭用の場合であれば、外線と言うのは1つのみですが、企業用の電話機となると、外部からの通信、即ち電話回線が1つではありますが、主装置から外部からの通信が複数の回線で受信可能と言うシステムになっている電話機と言う事になります。企業により、そのビジネスフォンの種類は様々です。単に数個の外線から成り立っているものもあれば、何十もの外線機能を持つ電話機もあります。大企業ともなれば、外線と内線の数は100以上になる場合もあります。企業としては、一日の稼業の中で、かなりの通信を行います。しかも、その通信内容は、外線のみならずも内線も必要不可欠と言う事になります。そのために外線同様に内線も複数の回線を使用できる電話機が必要だと言う事になります。

 家庭用の電話機とは異なる企業向けのビジネスフォンは、多機能型の電話機と言う事になります。複数の外線としての複数の回線を持っている事で、同じ時間帯に、全く異なる外部との通信が複数使用可能と言う事になります。これが企業としてのビジネスにとっては必須のシステムだと言う事です。そして、企業であれば、社内内部の異なる部署との連絡手段が必要不可欠と言う事になります。その時に迅速に対応できると言うのが内線機能です。例えて言えば、同じ会社でも、全く別の部署に連絡したい場合に、部署から部署にすぐに連絡が可能であると言うのが内線機能です。これが家庭用電話機では不可能と言う事になります。しかも、この内線機能の場合も、同じ時間帯に様々な部署への内線が可能であると言う事になります。

 ただビジネスフォンと言うのは外線と内線機能があると言う事だけではないと言うのが保留転送が可能であると言う事です。つまりは企業によっては、電話受付で窓口があります。その窓口を経由しての担当者の電話に転送できると言うのが保留転送です。この機能が企業ではなくてはならない必須の機能と言う事になります。電話を受けた場合に、担当者ではないが、別の担当者の電話に転送すると言うのは企業では、既に常識と言う事になります。つまりは受付のビルの1階の電話から最上階の企業トップの電話に転送できると言う事です。そして更には、取引業者との電話番校を短縮で電話を掛ける事が可能と言う事です。この機能は今や家庭用の電話でも可能ですが、ビジネスフォンの場合は、家庭用の電話機の機能よりも多くの短縮機能があると言う事です。

次の記事へ